古書コンコ堂 konkodo
トップ
お知らせ・ブログ
買取について
twitter
 
お知らせ・ブログ
バックナンバー
 
 
2011年9月28日

勝手に「音盤市アフターアワーズ」

9月24,25日に恵比寿リキッドで行われていた音盤市が終了しました。会場は2日間とも大盛況だった様で、その余韻を......ということで!
コンコ堂店内でも「音盤市アフターアワーズ」と題して
関連の本をピックアップして販売してます。
(レコードもちょっとだけあります)
音盤市を見逃してしまったアナタも、
まだまだ買い足りなかったアナタも!!
是非この機会に足を運んでみては??

ON_AFTER.jpg

h

2011年9月19日

今週末は音盤市に出店します

「音盤時代」という音楽雑誌がこの夏創刊されました。
その創刊記念イベント「音盤市〜3D」が今週末に、
恵比寿リキッドルームの2階で開催されます!

音盤時代にはコンコ堂も広告を出させてもらったりしていて、
今回お誘い頂き、出店することになりました。
音楽本を中心に他にもいろいろ持って行くので、
週末はみんなで音盤3Dに行こう!

onban_3dM.jpgのサムネイル画像
『音盤時代』創刊記念イベント
音盤市~ONBAN 3D~

日時 9/24(土)、25(日) 午後3時~10時
場所 タイムアウトカフェ&ダイナー併設のギャラリースペース(リキッドルーム2階奥)
入場無料

◎フリーマーケット出店者 ※両日とも
ECD、ウインドベル/レコンキスタ、MTR(CARRE)、
岡村詩野、小野田雄、岸野雄一、北沢夏音、古書ほうろう、
コンコ堂、妹沢奈美、DUM- DUM、千原航、ディスクユニオン、FEEVER BUG、『HOMEMADE MUSIC』(江森丈晃+高井康生ほか)山本ムーグ、湯浅学、ロスアプソン、ワルシャワ・レコード

◎レコード茶話会 9/25(日)
湯浅学の「はじめてのフィル・スペクター」
阿部広野(ノアルイズレコード)の「蓄音機をもってきた」

◎ライブBGM 9/24(土)
担当/牧野琢磨(NRQ、湯浅湾)
一部/with 中尾勘二(sax)
二部/with 吉田悠樹(二胡)

お問い合わせ
リキッドルーム 03-5464-0800
音盤時代 http://onbanjidai.blogspot.com

文芸誌のような音楽誌『音盤時代』の創刊記念イベントをおこないますよ。その名も「音盤市~ONBAN 3D」! 『音盤時代』が紙から抜けだして、見たり聞いたり触ったりできるイベントです。なにをやるかというとその中身は、フリーマーケット(古書、レコード/CD、DVD、服、野菜などなど)にライブにレコード茶話会の三本立てです。フリマの出店は、本誌でもおなじみの執筆陣に加えて、『音盤』仲良しの物書き&ミュージシャンなどなどなので、珍品奇品に出会えることは必至でしょう! 
そしてレコード茶話会は、本誌でも健筆をふるう湯浅学さんと阿部広野さんが担当です。湯浅さんは音盤一号で扱ったフィル・スペクターがお題。スペクターの関連音源を、7インチ盤とモノラルカートリッジを使って、六畳間では不可能な大きな音で聞いてみます。ぼくらが知ってる「ビー・マイ・ベイビー」がまったくの別物だったことがわかるので、ぜひ。そして阿部さんはもちろん蓄音機をもっての登場。生まれたばかりのジャズやブルースは当時どんな音で鳴っていたのか。これまた聞かずには一生わかることのない企画であります。そしてライブBGMは、NRQや湯浅湾でのプレイで隠れファンも多い牧野琢磨さんが担当。(ごく一部で)日本のロビー・ロバートソンとの呼び声も高いノン・クォンタイズなギターは一度ご賞味あれ。当日は、会場はつねにマイクON状態なので、出品者の押し売りトークに始まり、飛び入りDJなどなど、なにが起こるかわからない二日間となりそうです。VIVA 3D!

2011年9月15日

「本の雑誌」に掲載されました

先日発売された「本の雑誌 10月号」に
「コンコ堂のできるまで」という記事が掲載されました。
店主の開店に至るエピソードが載っていますので、
ぜひチェックしてみてください!
ほぼDIYで店を作ったので、大変だった思い出が蘇ってきます・・・

もうすぐ(9月20日)開店して3ヶ月経とうとしています。
気が付いたらあっという間に夏は終わってしまいました。

HONNOZASI.jpg

H